未分類

はたの法務事務所ってどのような法務事務所なの?辞任されたりすることはあるの?【2024】

fukuda

はたの法務事務所とは、どのような事務所なのでしょうか?
はたの法務事務所は、借金解決に優れている司法書士事務所です。相談実績や解決実績も豊富なので安心して任せることができ迅速に解決することができます。
この記事では、はたの法務事務所に依頼する人が多い任意整理を中心に、辞任をされることはあるのか、された場合どのような状況になるのか、された場合の対処法などについて詳しく説明していきます。はたの法律事務所がどのような事務所なのか依頼するか悩んでいる人や、はたの法務事務所について気になっている方は是非ご覧ください。

はたの法務事務所の利用者の口コミや評判からわかる事務所の特徴はこちらにまとめました。

はたの法務事務所ってどんな事務所なの?

はたの法務事務所は、東京と大阪に事務所を構えている司法書士事務所です。司法書士歴27年の実績をもった司法書士が代表をつとめており、相談実績が20万件以上・受任件数は8,000件以上・満足度が95.2%もある事務所です。全国どこでも出張相談可能なので東京や大阪に住んでいなくても、安心して依頼することができます。
各支店のアクセス方法を紹介しましょう。

東京本店のアクセス

住所〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階
所属司法書士鈴木 法克
無料相談ダイヤル0120-963-164
電話受付平日8:30~21:30、土日祝8:30~21:00
依頼専用ダイヤル03-5335-6450
電話受付平日10:00~18:30
FAX03-5335-6455
最寄り駅JR中央線・地下鉄丸ノ内線荻窪駅 西口より徒歩1分
所在地

大阪支店のアクセス

住所〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島4-11-21 新大阪コパービル303
所属司法書士栗田 正近・高橋 徹
無料相談ダイヤル0120-963-164
電話受付平日8:30~21:30、土日祝8:30~21:00
依頼専用ダイヤル06-4862-6320
電話受付平日10:00~20:00
最寄り駅御堂筋線西中島南方駅 北口より徒歩4分/JR新大阪駅より徒歩8分
所在地

というような詳細となっています。

はたの法務事務所が辞任したりすることはあるの?

はたの法務事務所が辞任をすることはあるのでしょうか?どのような時に辞任される可能性があるのか紹介していくので依頼をする方は確認して覚えておく方が良いでしょう。

はたの法務事務所が辞任をする内容とは?

はたの法務事務所が辞任をする可能性があるのは、

  • 依頼者と連絡がとれなくなった場合
  • 業務範囲の制限に関する内容の場合
  • 依頼後支払いが遅れた場合

この3つの可能性が存在します。それぞれどのような内容なのか紹介していきましょう。

依頼者と連絡がとれなくなった場合

依頼後、なんらかの理由で連絡がとれなくなった場合は、はたの法務事務所側から依頼の辞退をおこないます。依頼者と連絡がとれなくなると今後の流れを説明したりどのように進めるのか返済方法などの話が出来なくなってしまうので辞任をするのはやむを得ない方法でしょう。

業務範囲の制限に関する内容の場合

はたの法務事務所は司法書士が在籍している事務所です。司法書士は1社あたり140万円以下の借金問題しか取り扱うことができず、1社あたり140万円をこえるものに関しては相談や交渉・和解などができません。何社からか借入がある場合、総額ではなく1社あたりの借入費用が140万円以下なのか確認し依頼をするようにしましょう。1社でも140万円を超えている借入がある場合は、弁護士に依頼する必要があるので依頼を辞任するというかたちをとる必要があります。

依頼後支払いが遅れた場合

依頼後支払いが遅れそうになった場合は、支払いが遅れる前に支払えない状況を事務所に電話をするなどして伝えるようにしましょう。支払いができない状況を分かりつつ放置して過ごすことは一番良くない対応方法です。支払いが滞り支払いの見込みが立たない場合は、辞任されてしまうことがあるので注意しておきましょう。

辞任された場合どうしたら良いの?

辞任をされた場合の対処法を紹介していきましょう。辞任をされた場合、和解前に辞任されたのか、和解後に辞任されたのかを知ることで対処方法が変わってきます。

和解前に辞任された場合

和解前に辞任された場合は、一括返済になってしまいます。そのため、再度他の弁護士や司法書士に依頼する必要があるでしょう。

和解後に辞任された場合

和解後に辞任された場合は、滞納が1ヵ月分の遅れなら和解契約に基づいて自分で継続して支払いを続けることができます。2ヵ月以上滞納している場合は、一括返済になる可能性がとても高くなってしまうため、支払うことができない状態になってしまいます。なので、その場合は他の弁護士や司法書士に依頼する必要があります。

債務整理の和解後から完済までの期間や残金を知ることはできるの?

債務整理をおこなった場合3〜5年の期間で借金の返済をおこなう必要があり、返済期間が長いと残りの返済期間や残金が分からなくなる時期もあるでしょう。その場合どうやって確認をするのか方法を紹介しましょう。

残金を知る方法とは?

残金を知る方法は、

  • 自ら債権者に電話などで問い合わせをする
  • 司法書士に連絡し確認をしてもらう

という方法です。詳しく説明していきます。

自ら債権者に電話などで問い合わせをする

債権者の口座に自ら振り込みをしている場合は、振り込み時の控えに借金の残額が記載されています。正確に残金を把握するためにも、月々の振り込み控えは捨てずに保管しておくことがオススメです。もし、紛失してしまった場合は債権者に問い合わせを行えば費用の確認をおこなうことができます。

司法書士に連絡し確認をしてもらう

司法書士を通して支払いをおこなっている場合は、司法書士から債権者に問い合わせをしてもらうと良いでしょう。また、契約をおこなった際の書類で確認をすることもできるので、司法書士に契約書の確認をしてもらうという方法もあります。

返済期間を知る方法とは?

返済期間を知る方法は、

  • 和解成立時の書類を確認する
  • 依頼した事務所に問い合わせをし確認してもらう

という方法です。詳しく説明していきます。

和解成立時の書類を確認する

和解が成立した時に月々の支払い金額や支払い期間が掲載された書類が届きます。その書類を確認することで、正確な金額や期間を知ることができます。

依頼した事務所に問い合わせをし確認してもらう

和解成立時の書類が見当たらない場合は、依頼している事務所に問い合わせをすることで教えてもらうことができます。事務所には契約書などがあり、確認することができるので連絡をしてみると良いでしょう。
はたの法務事務所は、借金解決を得意としており費用の分割払いも可能です。何度でも無料で相談することができるので、納得するまで相談をしてメリットやデメリットを理解した上で依頼をするようにしましょう。

ABOUT ME
記事URLをコピーしました